日本にいながら海外の外国人材を採用した成功事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

優秀な人材は海外にもいる

 この数ヶ月、相変わらず、いろいろとありまして、ブログの更新がまったく出来ていませんでした。私の場合、気持ちが落ち着いている状態でないと、物事を整理して(考えて)文章が書けないので、ブログの更新が滞る、ということになってしまいます。何事においても、心を落ち着かせて臨むことが大事なのは分かっているので、まずは、ブログを定期的に更新できる『気持ちのゆとり』が保てている状態を、意識的につくっていこうと思っています。

 さて、ブログの更新できなかった言い訳の前書きはこのくらいにして、本日のテーマ【優秀な人材は世界中にいる】ということを伝えたいと思います。
当社で日本語が堪能な外国人材の紹介事業を、2017年4月からはじめてから、早いもので約2年半が経過しました。正直に言えば、決して順風満帆なんかじゃありませんでした。今でも月に1回(いや週に1回くらいかな)なんで、こんなことに手を出したんだろう・・・って思ったりもしています。それくらい、手間の割にはビジネスとしては儲からない。でも、今なお、そしてこれからも、このビジネスを続けて行こうと思っているのは、本当に世界には優秀な方がたくさんいて、その方たちは、日本語も上手で、そして心から日本で働きたいと思っているという事実があるからです。

対面の面接に拘り過ぎてはいけない

 多くの当社のお客様も、直接会える方との面接を希望されています。でもご批判を覚悟で言えば、会社で会って行う面接でわかることと、オンライン面接でわかることに、どのくらいの差があるのでしょうか? 私は、その差は、それほど多くはないと思っています。いろいろな企業様の、沢山の面接に(オンライン面接も、対面での面接にも)立ち会ってきた経験がある私からしますと、『直接は会ったことないけど・・・』という不安は最後まで残りますが、面接での会話から得られる判断材料は、実は、オンラインもオフライン(対面)もたいして変わらないような気がしています。でも異文化人材だから・・というご意見もよく聞きますが、私は、この部分は、話す量と共有する時間で感じていく部分だと思っていますので、1-2回、会ったから、その候補者の異文化感覚がわかるのか?というと、ちょっとそこは時間をかけないと難しいことに違いはないかなと思っています。

 扉の開け方、挨拶の仕方、身のこなし、礼儀や礼節、このあたりは会わないと分からないですけどね。そういえば、とある大手有名企業様で、圧迫面接に立ち会ったときがありまして、これは対面でないと出来ないな・・と思ったことは1回だけありました(笑) でも、今どき圧迫面接って・・・ですよね。
ですので、実は採用面接というシーンでも、最近の広告でおなじみの、足で稼ぐ営業=OLD営業、ということとも近いのだろうと個人的には感じてもいます。

オンライン面接で採用後に活躍中の人材

海外からのオンライン面接で採用された方で、現在とても活躍中の方の例を2例お伝えしたいと思います。2名ともに当社のお客様で、私が担当し、当社サービスを通じて、ご採用いただいた人材のお話です。

 1つ目の例は、都内のIT企業様です。海外にも進出されている企業様で、海外へのセールスとマーケティングを担当する人材を求めていました。当然、社内は日本語なので、日本語はビジネスレベル以上は必須です。その他にも中国語、英語でビジネスができることを求めていました。数名の候補者の中から、1名の候補者に絞り、3回のオンライン面接の結果、採用を決定されました。現在は、ご入社から約1年位が経過しています。
 先日、そのお客様が主催するセミナー&懇親会に出席する機会がありました。すると驚いたことに、セミナーのプレゼンテーターはその海外から採用された人材だったのです。もちろん完璧な日本語で、完璧なセールスセミナーを堂々と実施されていました。終了後、社長様にお話をお聞きましたら、マーケティング部門で今では、一番のエースとして活躍されているとのお話でした。

 2つ目の例です。地方の広告会社様でご活躍中の女性スタッフのお話です。この方も日本語はとても上手ですが、それ以上に、日本で成長したい!という情熱を持っている方でした。東京ではなく地方勤務ということで、ご紹介の後、ご応募いただけないかなと思っていた私の心配を、簡単に置き去りにして、すぐにご応募いただき、オンライン面接となりました。

 この方は4回だったと記憶していますが面接をしてもらい、最後は社長様ともオンラインで面接していただきました。採用が決まり、現在は入社から半年程度が経過しています。ご入社後、広告営業として活躍中でもありますが、そのお客様が、当社のサービスを大変気にいってくださり、広告会社様のお客様にも、積極的にご紹介を進めていただけています。今では、お客様のご紹介の際の当社の担当窓口として、私と日々やりとりをしています。
業務の中での完璧な対応、完璧な会議の議事録、ミーティングの設定、細かい配慮、ときに厳しい催促!、何をとっても優秀だな、と感じることばかりです。

日本国内は人材不足ですが、世界は広いです

 欧米先進国は少し異なると思いますが、アジア圏から日本に来る候補者の多くは、誤解を恐れずに言えば、その就労感覚は、日本の昭和時代の感覚と近いのかもと思います。簡単に言ってしまえば、やる気の塊みたいな感じです。私は、昭和生まれのバブル世代ですので、テレビのコマーシャルで『24時間働けますか?』って流れていた時代に、本当に深夜まで仕事をしていました。当然ですが、長時間労働について、昔を懐かしみながら、今の若い人はとか、今の世の中は、などの話をしたいわけではありません。
 
 言いたいことは、その外国人材がもつ、【やる気】がとても輝いてみえるということです。この輝きこそが、今の日本の社会にとって、また新しい日本の産業界の発展に向けて必要なことなのではないか、とも思っています。

話をまとめます。

 もちろん、わかりやすく会って面接も良いのですが、たまには海外の方ともオンラインで面接してみるのも良いのでは?と、今の、そしてこれからの日本の社会に、提案してきたいと思っています。

 日本語で話ができて、パッと簡単にオンラインで面接できる。そんなことから未来の日本社会を明るくしていきたいと思っています。(儲かっていませんけど・・・)
 でもやっぱり、会えないと不安ですかね・・・皆様はいかがですか?